ホームへ戻る  サイトマップ  お問い合せフォーム

《 ろうけつ染めとは 》

染布の染め方には、様々な技法があります。
当工房では、京都でも数少ない「ろうけつ染め」を中心に、古くからの伝統を引き継いでいます。

伝統の染め技法

ろうけつ染め

ろうけつ染めは、布に蝋(ろう)をのせ、染め上げる技法です。
布にろうをのせることは、防染方と呼ばれる色の混ざりを防ぐ目的もあります。
友禅染めでは色糊を使用しますが、ろうけつ染めの場合は、ろうがひび割れを起こし、
染め上がりには味わい深い不規則な模様ができるのです。




20以上もの工程が味わい深い魅力を醸し出す、ろうけつ染め

  • 生地の柄になる部分に糊を置いた後、全体にろうをのせる。
  • ろうをつけた後、柄部分に手作業で色を差し、地色を手ぐりで浸染染めを行う。
  • ろうを落として洗いをかけた後、自然乾燥し、一枚づつ裁断し、仕立に入る。

染手法

オーダーメイドでは筆書きのろうけつ染めで製作いたしております。 ⇒ 製作工程はこちら

その他の既製品では、以下のような手法も用いて製造しております。
ふぶき

ふぶき

溶かしたろうを刷毛で飛ばして、
ふぶきのような柄をつける染手法です。
しけ刷毛…しけ刷毛でろうをつけてしけを引いています。

しけ刷毛

溶かしたろうを、毛を櫛の様にそいだ「しけ刷毛」を使用して線を引く技法です。
力加減で、太い線・細い線・かすれた線・とがった線など様々な表現ができます。
また筆やほうきのような刷毛を使用したり、太い刷毛でろうを飛ばして、
ふぶきの様に表現します。

その他の染め

藍染め

染料の入った藍釜に染生地を一枚一枚入れ、何度も浸けた後に水洗い。
さらに釜に浸けて、水洗いという工程を続けることで染め上げる技法です。
藍の釜に生地をつけて1度水ですすぎ酸化させる、この行程を何度も繰り返し、
納得のいく色合いまで染める技法です。
風情のある藍色は、ジーンズの様に使っていくほど味が出て、風合いがよくなってきます。
(※オーダーメイドでの製作は退色しにくい化学染料での製作となります。)

草木染め

草木染は色々とありますが、その中でも珈琲では染まらないと言われていましたが、当工房では生地を前処理し(特許取得済)、染める事に成功(1995年)しました。
尚、柄の部分は特殊糊を使い柄出しをしています。
(※オーダーメイドでの製作は退色しにくい化学染料での製作となります。)
珈琲染無地

珈琲染無地

賞味期限の切れたコーヒー豆を使って染め上げました。
珈琲染草花

珈琲染草花

賞味期限の切れたコーヒー豆を使って、染め上げました。
特殊なのりを使って柄をつけて染め上げました。

素材紹介

当工房で使用する麻は、本きびら麻を染め上げた生地です。、茶色がかった色彩が高級感のある厚手の麻もご用意しております。
※麻の生地巾は基本的には45cmです。麻の種類により巾30cm・60cm・90cmもあります。

綿

当工房では、綿にもこだわっており、真っ白で目の細かい「タッサー生地」、生成りで均等に生地目のある「ブッチャー生地」、生成りにネップのある「しゃれ好み生地」、などをご用意いたしております。
※綿の生地巾は基本的には、Y巾(約巾90cm)・三巾(約102cm)です。

道具へのこだわり

ろうけつ用 刷毛

ろうけつ用刷毛 ろうけつ用刷毛 ろうけつ用刷毛
用途によって、使い分けるため筆のバリエーションが豊富な、ろうけつ染め用の刷毛です。
使用する場合は、ろうの温度が重要になります。温度が低いと、生地にろうがなじまず、かすれてしまい、また温度高すぎると、なじみすぎてかえって線が細くなります。

染色用 刷毛

染色用 刷毛
染色用の刷毛です。
筆の太さがいろいろあり、用途によって使い分けます。
柄の部分の色を差したり、ベースの部分を引き染めします。
ベースを染める場合は、刷毛を走らす事が重要です。
染めムラになる場合があるので、訓練と経験が必要になります。
▲ページの上部へ
HOME 会社概要 お買い物ガイド 買い物カゴ アクセス お問い合せ オーダーメイド 作品ギャラリー
ろうけつ染め綿のれん ろうけつ染め麻のれん きびら麻無地のれん 綿無地のれん 珈琲染 その他既製品
のれんの京都染元しょうび苑 オーダーのれん
〒615-8263 京都市西京区山田久田町10-15   Tel:0120-832-123 Fax:075-393-0055
© 有限会社 勝美商店  制作:合資会社ティ・ボックス